忍者ブログ
@ PBW(Play By Web) "SilverRain" & "PSYCHIC HEARTS"
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今は後期中間テストの真っ只中。
このテストさえ終われば、クリスマスと冬休みとお正月が待っている。
何事も無く、何事も無く。

……そう、普通のクラスメイトは、一般人は何事も無く。


でも、能力者の僕達は一寸違った。
テスト直前に、生死の境を渡るような戦いを神戸で繰り広げた。
来訪者同士の因縁の争いを止めるべく介入する形で。
沢山の仲間が傷を負い、幾人かが命を落とした。


それでも表面上は、何事も無くテスト日程が過ぎていく。
一般人はどう捉えて、どう思っているだろうか。
教室内の、包帯や絆創膏がやけに目立つクラスメイトの存在を。

まあ、かく言う僕も腕に包帯、顔に絆創膏なんて格好なのだけど。

……制服に隠れた胸や脇腹にまで、幾重にも幾重にも包帯を巻いて。



--------


……多分、だけど。
生命賛歌の力が無ければ、僕は帰って来られなかったに違いない。
深手だらけの身体が鏡に映る度に、思い知らされる。

六甲アイランド内、向陽西公園。
人狼騎士が展開した魔狼儀式地点の一つ。
儀式中止によりあの巨大なフェンリルを送還させる為、
公園制圧を狙った第1次部隊の中に僕はいた。

……通り過ぎたラグビー場を遙かに超える戦力を揃えた人狼騎士。
苦しい戦いを強いられ、それでも善戦した。したと思いたい。


銃撃と斬撃に幾度も身体を抉られて。
叩き伏せられながらも再び立ち上がって。

幾度目かの血反吐。
顔を上げた刹那、闇に塗り潰される視界。
そこからの記憶は、無い。


一度目の衝突が終わった時、僕は、生きてはいた。
……だけど、身体に残る傷は現実を突きつける。

『二度目は無い』。

二度目は、無いのだと。

引き戻せるのはたった一度だけ。
生命の力を開放する賛歌の奇跡は、一度だけ。

多分、足掻こうと思えばまだ充分足掻けた。
……だけど動けなかった。
死への恐怖か、忍びの血の警告か、それとも……


フェンリルが仲間達の手で倒されたその時まで、
純白の包帯と漆黒の刀子を握り締めて、
僕はただ祈り続けるしかなかった。
大事な友達、大事な先輩や後輩、大事な仲間の無事を。


全てが終わった後。
寝台列車『銀河』の発車時間まで、ルミナリエを見上げていた。

あの震災より甦った神戸の町が灯す鎮魂の光。
震災が奪った沢山の人々の魂と共に、
この戦いで喪われた魂をどうか鎮めてと祈りながら。


……鎌倉に辿り着くまで一睡も出来ぬまま、戦いの日は終わった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ABOUT
ブログ説明等は此方に。
又、以下に関しても詳細あり。
 ・謎のシーツお化け
 ・【綴込待ログ】
 ・題字前の◆と◇と@

【綴込待ログ:無謀4→各種SS。】

※出現率レアモン並Messe-Adress
【swallowedge∬live.jp】
(∬は@に変更のこと)


※週1確認するか否のTwitter
【https://twitter.com/n_suou】
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[11/30 琴吹背後]
[11/25 彩晴(の黒子)]
[11/25 琴吹背後]
[11/24 彩晴(の黒子)]
[11/21 琴吹背後]
[11/19 彩晴(の黒子)]
[11/19 彩晴(の黒子)]
[09/24 彩晴(の黒子)]
[09/10 彩晴(の黒子)]
[09/01 琴吹背後]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]