忍者ブログ
@ PBW(Play By Web) "SilverRain" & "PSYCHIC HEARTS"
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

――2009.08.10   KAMAKURA



銀誓館学園、一縷樹キャンパス。
宍矧テンギョウを名乗る謎の存在に指定された場所。
正確には中学部校舎、屋上出口の踊り場。

……いちるにとって一縷樹キャンパスは半ば庭みたいなもの。
昨年度からこのキャンパスに通っている為、構内なら迷う事も無い。
指定場所は言わずもがな……中学部3年の彼が知らない筈が無かった。


午前10時の少し前。
既にいちるは屋上へ続く階段を昇っていた。
遅れる気はさらさら無かったし、何より色々問い詰めたい気分で一杯で。
律儀に制服姿だったが両手はポケットの中、態度の悪さを隠しもせず。
廊下や階段に誰か知り合いでもいればもう少し普通を装っていたのだろうけれど。

屋上出口と下階を繋ぐ踊り場まで辿り着き、歩を止めて出口を見上げる。

「……宍矧、テンギョウ?」
「お待ちしていました、月主殿。……改めて、初めまして」

出口のすぐ傍に立っていたのは、細身の人間。
無造作に伸ばした長い金髪、赤紫蘇を思わせる赤みの強い紫の瞳。
夏日に着る物とは到底思えない、身体の線が完全に隠れてしまうような、裾も袖も長い服。
あの声だけではなく顔立ちも身体つきも、男とも女とも判別出来ない曖昧さ。
……確かに『誰だこの相当な不審者は』と言い切れそうな、そんな人間だった。
実際年上なのか年下なのかすらも分からない。

「あ、この髪とか目とかは地です。母親外国人なので遺伝したんですよ」
「……尚更男女どっちなんだか分からねえ」
「そういう育てられ方と振舞いの徹底が宍矧の極意の一つらしいという噂です」
「分かる気がしないでもない。……考えるだけ無駄な気がしてきたよ」
「それと、テンギョウは典礼の典に杏の字で典杏なんです」
「……尭矧以上に凄まじい名前の付け方だな……宍矧の伝統?」
「いや、多分親の嫌がらせですね」

……謎が謎を呼ぶ。

「……何故宗主じゃなくて俺なんだ。全部聞かせてくれるって言ったよな?」
「確かにそう言いました。指定場所が此処なのも同じ理由です」
「それも気になってた。どうして銀誓館のキャンパス名知ってるのかとかな」
「全キャンパス名網羅してますよ、そうでないと仕事になりませんし」
「……仕事?」
「ええ、実は自分は」

「あれ、いちる兄ちゃん?」

典杏の言葉に被さった、別の声。
とたとたと階段を昇って来ていた声の主の後ろで、もきゅ?と別の鳴き声も。

「ユエちゃんに、モルモ……!? どうして、此処に?」
「え? 俺も予報で呼ばれたんだけど?」

……予報?
何デスカそれ、と目をぱちくりさせたいちるの耳に飛び込んできた複数の良く知る声。

「ヤバイもう10時過ぎてねぇ!?遅刻じゃん!」
「すまん、俺がキャンパスの位置分からずに迷ったりしなけりゃ……」
「いや、集合場所を駅とか分かり易い場所にしなかった俺のミスだ」

踊り場の手摺りから階下を見下ろすと、3人の青年が駆け上って来るのが見えた。
数段上からユエもモルモを抱えて覗き込む。
胸元のスカルペンダントを弾ませて先頭を走るは漆黒の髪色した青年。
その後ろを黒髪に緑メッシュが混じる青年と、頬に古い傷跡を持つ青年が追う。

「……江西先輩と、残菊先輩と、渕埼先輩……?」
「ココ目指してるって事は、寅靖兄ちゃん達も予報見たのかな?」
「……ゴメン、さっきから予報って単語が聞こえるんだけど」
「予報は運命予報だよ、どうしたのいちる兄ちゃん? 予報士さんもそこにいるし」
「…………誰が予報士だって?」
「あの人」
「きゅきゅー!」

ユエとモルモが指差したのは(モルモは指というより手だが)……典杏。

「……マジデスカ」
「冗談ですって言えればいいんですが、残念ながら運命予報士なんです」
「そ、それじゃあ……いちる兄ちゃんはどうしてここに?」
「……あいつに昨晩呼ばれた」


息を切らせている青年陣とユエにモルモ、いちるにも冷たい缶ジュースを配った後、
運命予報士・宍矧典杏は楽な体勢で聞いて欲しいと集まった面々に告げる。
各々階段に腰を降ろしたが、いちるだけは階段の手摺りに背を預ける形で立っていた。

……何故宗主ではなく自分なのか。
その理由が分かった気がした。

典杏が宍矧首座連ではなく、銀誓館学園の運命予報士として動いたからだ、と。
それならば銀誓館学園に属する者にこそ情報を集約させねばならぬと宗主は判断し、
同じ銀誓館の学生である自分に接触させたのだろう。
……ならばもう一人呼び出せる当てがある。銀髪翠眼の先祖帰り従弟を。
そこまで考えて顔を上げると、典杏と目が合った。



「……御集まり戴き、感謝致します。――それでは、運命予報と依頼の話を始めましょう」
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ABOUT
ブログ説明等は此方に。
又、以下に関しても詳細あり。
 ・謎のシーツお化け
 ・【綴込待ログ】
 ・題字前の◆と◇と@

【綴込待ログ:無謀4→各種SS。】

※出現率レアモン並Messe-Adress
【swallowedge∬live.jp】
(∬は@に変更のこと)


※週1確認するか否のTwitter
【https://twitter.com/n_suou】
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[11/30 琴吹背後]
[11/25 彩晴(の黒子)]
[11/25 琴吹背後]
[11/24 彩晴(の黒子)]
[11/21 琴吹背後]
[11/19 彩晴(の黒子)]
[11/19 彩晴(の黒子)]
[09/24 彩晴(の黒子)]
[09/10 彩晴(の黒子)]
[09/01 琴吹背後]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]