忍者ブログ
@ PBW(Play By Web) "SilverRain" & "PSYCHIC HEARTS"
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

――2009.08.28   ???



……多分、全ての発端の地。


あの木端微塵の石の破片が散る洞の中に、人影2つ。
暗闇の中に堤燈の灯が揺れ、洞の壁へ長く長く影を伸ばす。

「確かにこりゃ厄介なの埋めてたって感じだ。……畜生、古文書掘り出して正解だったぜ」
「……封印の伝説がこんな地元にあったなんて……全く知りませんでしたです」
「しかも酷い事にこの下にいたのは“眷族”、“本体”は別の場所ってか。最悪この上無え」
「その“本体”の場所は、分かっているのですか?」
「調べ上げたから分かってるぜ。分かってるがな……言えねえんだよ」

お前だって理由は嫌でも分かってるだろ?と、長身の男と思しき影が低い声で零す。

「……畜生、畜生! 危険な目に遭うの分かってる奴等の背中黙って見てろってかよっ!!」

洞内に響く鈍い音。血の滲む拳。

「それが、掟なのです。……最も位高き人がそう発した以上、手出しは罷りなりません」

男よりはやや小柄で細い女と思しき影も、目を伏せて呟く。

「……ですが、今回ばかりはそれに従う心算も毛頭ありません。話が、別なのですから」

長い黒髪が微風に揺れる。

「何せ此処に来た時点で、いえそれ以前にこの一件を調べた時点で既に掟破りなのです。
勿論大っぴらには出来ません。……それでも、それに気付く切欠さえあれば」

必ず彼等は乗り越えてくれる筈なのです、と女は確信に満ちた声で望む未来を紡ぐ。

「だから、私は此処で現在(いま)を導く。だから貴方は、未来(あした)を御願いしますです」





――耳を澄まし、目を凝らして。
――この世に有り得ない事など無いのだという事を忘れないで。
――あなたの目の前のその終わりが全てとは限らない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ABOUT
ブログ説明等は此方に。
又、以下に関しても詳細あり。
 ・謎のシーツお化け
 ・【綴込待ログ】
 ・題字前の◆と◇と@

【綴込待ログ:無謀4→各種SS。】

※出現率レアモン並Messe-Adress
【swallowedge∬live.jp】
(∬は@に変更のこと)


※週1確認するか否のTwitter
【https://twitter.com/n_suou】
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[11/30 琴吹背後]
[11/25 彩晴(の黒子)]
[11/25 琴吹背後]
[11/24 彩晴(の黒子)]
[11/21 琴吹背後]
[11/19 彩晴(の黒子)]
[11/19 彩晴(の黒子)]
[09/24 彩晴(の黒子)]
[09/10 彩晴(の黒子)]
[09/01 琴吹背後]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]