忍者ブログ
@ PBW(Play By Web) "SilverRain" & "PSYCHIC HEARTS"
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

――三祷は挑むに非ず。生き様を奉納という形で示す披露の術(すべ)でありんすえ。



母さんとは別の方向で特徴的だった口調の、女性。
『あの人』が俺に継がせた全ての“極意”。

継がせた割に“極意”が正しいか間違ってるかなんて関係無いと言い切った彼女。
矛盾に聞こえて……でも実際は強ち矛盾でもないのだと、今まさに知る。



――この世の全ては揺らいで変わる。故に“極意”とて例外ではないのでありんすよ?






--------

……三祷、残すは『祓』のみ。

首飾りに触れる。
昨日、一斉捕獲作戦が全て終わった後に一晩で組み上げたある意味一世一代の品。
中央の鏡は俺が生まれた時に作られていた物。
他の勾玉だの管玉だの蜻蛉玉だのは手持ちの物やそれに手を加えた物、
どうしても足りない物だけは『夜の矧』の子供にこっそり買い出しを頼んでいたりしたが。

銀、金、翠玉、玻璃、琥珀、紅玉、黒曜。
狼、虎、犬、猫、太陽、月、星。

紛れ込ませた意匠。

左の手首にふたつの銀の環。
袂に忍ばせた銀の燕、懐中時計。
首には普段通りのチョーカー。

……元日には、傷を付けるのが嫌だからってほぼ全て手元から離していたもの。


そう。
元々俺は神頼みの類を本気で信じる性質だった。
自力で為し得るには結局生まれる限界を超える為にあらゆる物の力を借りる性質。
それでお祖母ちゃんの夢見の力に関しても真剣だった、というわけで。

勿論怜の死は神頼みで覆せる類では一切無く。
だから、なのだろうか。
信じなくなったのは。
自分の力だけで、目の前の全てを乗り越えようとしたのだろうか。


……今こんな事言ったら誰かに容赦一切抜きで完膚無く殴られる自信があるけど。

俺自身の感覚の中では、俺を取り巻く世界の方が綺麗で多彩で不思議で、
そんな世界の中にいる俺が、俺の中では実は一番希薄な存在。
言ってしまえば、今この瞬間に消えてしまっても一番困らない存在。
俺自身が、俺自身を一番希薄だなんて言い切ってしまえる。
そういう子供で、そういう人間、だった。


「……だから。怜、きみに出逢えた事が一番の、ターニングポイント」


この世の全ては揺らいで変わる。

まだ俺の存在は、俺の中では色の薄い存在だけど。

それでも、俺のした事で、取り巻く世界の誰かを泣かせてしまうのは……厭だから。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ABOUT
ブログ説明等は此方に。
又、以下に関しても詳細あり。
 ・謎のシーツお化け
 ・【綴込待ログ】
 ・題字前の◆と◇と@

【綴込待ログ:無謀4→各種SS。】

※出現率レアモン並Messe-Adress
【swallowedge∬live.jp】
(∬は@に変更のこと)


※週1確認するか否のTwitter
【https://twitter.com/n_suou】
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[11/30 琴吹背後]
[11/25 彩晴(の黒子)]
[11/25 琴吹背後]
[11/24 彩晴(の黒子)]
[11/21 琴吹背後]
[11/19 彩晴(の黒子)]
[11/19 彩晴(の黒子)]
[09/24 彩晴(の黒子)]
[09/10 彩晴(の黒子)]
[09/01 琴吹背後]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]